• 診療時間 : 月-土 9:30-12:00 16:00-19:00 祝日 9:30-12:00 (休診:日曜日)
  • TEL:0774-33-6000

多血小板血漿療法(PRP)

血液中には、血小板という傷んだ組織の修復を促す成長因子という物質が含まれています。この血小板を体外で数多く増やして体内に戻すことで、自己治癒能力をサポートする治療法です。

応用範囲が広く、自己の細胞を培養して行う再生治療に比べ、1〜2時間で移植が行えるのが特徴です。

治療方法

培養に約2週間(培養の状況によります)かかります

1.自身の血液を10〜12ml採取する
2.採取した血液を遠心分離する
3.分離して取り出した血小板を培養する
4.ゼラチン状にした形で治療患部に移植を行う

幹細胞治療により改善が期待できる疾患

骨折、眼科疾患(角膜潰瘍等)、皮膚疾患、欠損、歯科治療、褥瘡(床ずれ)